飲食店・飲食業専門の税理士
無料ブログはココログ

ごましお

うちの子手帳2012

実は、ごましおちゃんの七七日、12月30日、出かける前に嬉しいことがありました。
香港からの国際便。内容は「1 Small Notebook」です。
香港にお住まいのzigzagさんから、28日に発送した旨のメールをいただいていたのですぐにわかりましたよ。
Img_8415
ウフフ♪ ホンモノは一冊です。分身の術を使う忍者みたいですね。
zigzagさんが試し刷りしたものまでくださったんです。こんなに手間をかけてくださったのかと思うと申し訳ないような気がします。
作ってもらえて幸せっ!

一生の宝物です。

Img_3245

ねこぬいのごましおちゃんといっしょに大切にしますね。
zigzagさんありがとう♪

七七日

12月30日はごましおちゃんの七七日でした。
霊園からお知らせの文書が届いたので、30日に法要があるのかと勘違いして、参加を申し込もうと電話をしちゃいました。文書には正確な七七日の日付を書き込んであるだけで、法要は日曜日、年末年始はできないので直近が22日だそうです。

Img_8438なーんだ、慌てて損した。bearing

でも、前の週の日曜日はAさんの実家に帰省していてお参りできなかったので、法要には関係なく行きましょう。

神代植物園も新年を迎える準備がなされております。深大寺側の門の前には雪囲いをした牡丹が植え付けられていました。
囲いが必要なほど雪なんか降らないのにネ。wink
防寒にはなるのかしら。

Img_8441 植物園は2日から開園して、いろいろと新春の催しを行うようですよ。

パスポートを買おうかな~。霊園には毎週来るつもりだし。

お正月の準備をしているのは植物園だけではありませんでした。

動物霊園の門には注連飾り、観音様の前には鏡餅。うーん、でも仏教施設に注連飾りっていうのは考えてみるとなんか変な気がするんだけど?

Img_8444

この後、深大寺へ回ると、3時過ぎとあって、参拝者の姿もまばら。お札・お守りの配布所の設置やら階段をスロープで覆うやら、という作業はすんでいます。前の週に来たときにやってたもんね。

Img_8458

で、まあ、やっぱりお腹が空いてきたので蕎麦屋に入りました。
この日は嶋田家。

Img_8455 初めて深大寺に来たとき入ったのがここで、そのときはそばつゆが甘いように感じたので、Aさんの好みじゃなかろう、と思い、以来一度も入ったことがありませんでした。
10年ぶりくらい?
改めて食べてみたら、甘いといえば甘いかもしれないけど、別に避けるほどでもなかったような~。

参拝客が多いときには混雑してるから、並んでまで入らなくても、ということでもありました。

Img_8453 池の真ん前で眺めもいいし、空いてるときならまた入ってもいいな。

窓越しに見える池にはマガモ♂が一羽、羽繕いをしたり、ふらふら泳いだりしてました。

Aさんは31日の夜に初詣に来る気満々だったけど、帰宅後は、年賀状作成に追われて半徹夜状態だったので31日はよれよれ。紅白が始まる頃、仮眠のつもりで布団に入ったら元日の朝まで目が覚めませんでしたとさ。catface

南無阿弥陀仏。
ごましおちゃんが好き!

ケーキ

ごましおちゃんがいない毎日はイチゴ抜きのショートケーキみたい。
ううん、イチゴも生クリームも抜きのショートケーキだな。
スポンジ台だってりっぱな美味しいお菓子だけど、もうそれはショートケーキじゃない。
Img_8045

ふわふわしてて白くて甘くってちょっと酸っぱくて、見るとわくわくする特別な特別なお菓子。私は13年も毎日そんなすてきなものを食べていたんだね。
そしてもう二度と食べられない。見ることもできない。
食べ物のケーキは食べたくないと思うときもあるけど、ごましおちゃんのことはいくら見てもいくら触ってもじゅうぶんってことはなかったよ。

Img_8038_2 ごましおちゃんには触れないから、ショートケーキを買って食べてみた。
12月12日は私の誕生日だったけど、それよりごましおちゃんの初めての月命日。
これからは誕生日が来るたびに、「ごましおちゃんがいなくなってから○年と一か月なんだな」と思うんだろう。

とりあえずは毎月12日にはショートケーキを食べてやる。食べたくないときにも食べちゃうんだから!

Img_8041命日なのに例によってお尻が重いもんだからお参りに行ったのは閉園まぎわのぎっりぎり。間に合ってよかった~。お線香上げてお水を替えて、外へ出たときにはゴーンとお寺の鐘が鳴っていた。

待合室に一組、駐車場からもう一組、この日もお見送りの家族がいた。ごましおちゃんを納めたときには空いていた隣りとその隣りも埋まってるし。
私だけじゃないんだけどね。わかっているけど、だからといって悲しみがやわらぐというものでもないのよね。悲しい気持ちを抑えようとも思わない。

だってごましおちゃんはほんとうにほんとうにとっくべつな猫だったんだもの。
ごましおちゃんが好き。

ごましおちゃんが好き!…なのに

可愛い、可愛い、ごましおちゃん。世界一可愛いごましおちゃん。

11月2日のごましおちゃん
Img_7404
至上の宝石、掌中の珠、地上の天使、私の宝物。誰よりも何よりも大切な、あの可愛いきれいなステキな立派なすばらしい輝くごましおちゃんは11月12日午後6時20分ごろ、病院で息を引き取りました。

11月6日のごましおちゃん
Img_7472
こんなに可愛いのに。どうして…。

Img_7483
どうして…。

11月12日10時59分のごましおちゃん

Img_7514

dangerご注意
ここから下にはごましおちゃんの20日以降の画像があります。見たくない方はここから先に進まないでね。

cat










cat

今から思うと数日前から、いや1、2週間前から少しようすがおかしかったようにも思います。薬が効いて体重が減ってきたので、肥り始める前のちょっと老けた感じが戻ってきたのかな?と思っていました。

Img_7202

気になってはいたんだからそのとき病院へ連れて行ってみればよかったのかもしれません。
でも、それまでに何度もいろいろな検査をしてもはっきりした結果が出なかったし、どっちみちあと一週間薬を飲ませたら検査をすることになっていたんです。あんまり検査、検査って自分の心配を優先してごましおちゃんにストレスをかけてはいけないと思って。

Img_6225

そして19日の朝。どうも呼吸がおかしい。
キャットタワーを伝ってふつうに降りてきたし、声をかければ応えるけれど、空気が漏れるだけで声になっていません。これはおかしい。
でも、雨が上がった翌日の土曜日のこと。病院は混んでいるだろうし、ワンワン騒がしい子がいたら…と迷ってしばらくウロウロ。ごましおちゃんを連れて行かずに動画を見てもらおうかとカメラを向けてみたり…。

Img_6161

そうはいっても連れて行かないことには何も処置できないんだし、少なくとも病院には酸素室がある。やっぱり連れて行こう!そう決めてばたばたと用意をし始めたら、病院へ連れて行かれるとわかって興奮したのでしょう、ごましおちゃんが舌を出して口呼吸を始めました。
慌てて抱き上げてキャリーに入れようとしたらジャーっとおもらし。私の衣服まで濡れてしまったので着替えたりしていて、お昼近くになってしまいました。

Img_6020

病院ではすぐに酸素室に入れてもらいました。置いていくのは心残りでしたけど、家に連れて帰るわけにもいかないし…。despair お昼には手術が入っていて、午後の診療時間に入ったら検査、ということでした。

Img_5790

ところが午後の診療が始まって少しした頃、電話が鳴りました。ごましおの具合が悪いので来て欲しいというのです。Aさんと一緒に駆けつけると、酸素室に入っているのに連れて行ったときより舌が大きく出ていて苦しそうにしています。私が行くまでは横倒しになってしまっていて、採血もできなかったそうです。

Img_5851

とりあえず起き上がったので飼い主が声を掛けながらレントゲン撮影と採血をしました。やはり原因は不明ながら肺に水がたまっているので利尿剤注射。
血液検査では腎臓関係も肝臓関係も数値に問題はない。血糖値とCPKが高い。カリウムは低い(2.2)。

Img_2349

苦しそうだけど舌は赤いから酸素はまわっています。こちらは「がんばって!がんばって!」と声を掛けることしかできないけど、ごましおちゃん、少ししたら体を起こしておしっこをしてくれました。薬に反応してる!大丈夫!助かる!

これから点滴を始める、というところで私やAさんにできることは何もなし。心配だけど、ごましおちゃんにがんばってもらうしかありません。まだ13歳です。体力はあるはず。苦しそうだったけど、目には力があった。

Img_2159

病院を出ると6時近く。2時間以上病院にいたようです。食事のしたくをする気になれないのでAさんと近くのカレー屋へ行きました。
状態が安定したら自宅に戻せるように酸素室のレンタルを探してみよう、なんて話をしていると再び電話がなりました。切迫した声で「すぐに来ていただけますか」と。

Img_7535 着いたときには、先生が心臓マッサージをしているところでした。たった今、発作を起こして、と。看護師さんが引っ張り出したごましおの舌が紫色でした。さっきまでは真っ赤だったのに、そんなもの、一瞬で変わってしまうんだ! 一生懸命呼びかけたけれど、ごましおちゃんの耳はピクリとも動かない。万事休す。

朝にはまだ元気だったのに。診療終了の7時にもなっていませんでした。

Img_7537 いったいどうしてこんなに急変したのか、ごましおちゃんの体に何が起こっていたのか、さっぱりわかりません。

突然死の原因になるというフィラリアの検査(100%わかるものではないけど)もしましたが、後で結果を聞いたところ違っていたようです。

何かおかしいのはわかっていました。この10か月くらい検査したり投薬したりできることはやってきたつもりだったのに、何が足りなかったのか、どうすればよかったのか。どこが悪いのかもわからないまま。何もできないままタイムオーバーだなんて。手足を縛られて見えない相手にめった刺しにされたような気がします。

こんなに可愛いのに。

Img_2160

こんなに、こんなに、こんなに可愛いのに。

Img_2192

こんな可愛いんだもの、ふつうよりよけいに寿命をつけてもらってもいいくらいなのに。こんなに早く、こんなに突然命を奪うなんておかしいでしょ?! 神様ってばかなんじゃないの?! ごましおちゃんはこんなに特別に可愛いのに?!

Img_2259

Aさんが着くのを待ち、自転車をAさんに引いてもらってごましおを抱えて家に帰りました。歩いて5分かそこらですが、5キロを超えていたごましおちゃんの体はちょっと重かった。

Img_2266

帰宅してからしばらく抱いたまま階段に座り込んでいました。抱いていると私の呼吸でごましおちゃんの体が揺れるから、まるでまだ息をしているかのよう。何かの間違いで、ふと息を吹き返すんじゃないかと思いました。

Img_2305

間違いだったらどんなにいいか。
しばらくは体も柔らかかった。

Img_7547

冷たくなっても硬くなってもごましおちゃんは可愛い。手放したくなかったけど、生き物の体は命が尽きたとたんに傷みはじめてしまうのですものね。
Img_7548翌日日曜日、無理かと思っていた深大寺動物霊園で5時からの予約が取れたので荼毘に付しました。
骨揚げの頃にはあたりは真っ暗。もう11月なのに虫の声が響き渡っていました。

Img_7753 うちで咲かせた花がなかったのが残念。もうちょっと待ってくれたらマーガレットが咲いたのに。
だってごましおちゃんのひみつの名前はごましお・真珠・マルゲリータ。お腹から見ると真っ白だったから私の真珠ちゃん(MARGARETはギリシャ語の真珠に由来)と心の中で思ってた。

私の宝物。大切な大切なごましおちゃん。

ほとんどの人が知らなかったと思うけど、ごめんなさい、2011年の11月12日、世界は少し壊れてしまいました。もう元には戻りません。

Img_7550ごましおちゃんはお骨になっても可愛いです。骨壺に収めるとき頭蓋骨を撫で回しました。

嫌な気持ち、悲しい気持ちになった人、ごめんなさい。
私もあちこちで猫ブログを読んできて、この子はそろそろ危ないかも、と思っていてもそのときが来るとショックでしたし、悲しかった。
ましてや命に関わるような病気の兆候なんてなかったごましおが突然こんなことになって、びっくりされた方もあると思います。だからじわじわっとソフトランディングでお知らせしたかったんですが、うまくできませんでした。

私は大丈夫です。
涙が出るときは思い切り泣いてます。
Img_7557ごましおちゃんがいないことはしみじみ悲しい。この地上に私の帰る家がどこにもなくなってしまったような寂しさです。
でも、世界が壊れちゃったんだもの、どんなに悲しくたって当然じゃないの!と開き直ったせいか苦しさはありません。
泣けるときは我慢しないで泣くけど、あちこちの猫ブログで猫ちゃんたちの面白い姿や行動を見てぐふふと笑ってもいます。

なくした猫ちゃんの画像は辛くて見られない、という人は多いと思います。私も平気、とは言えないけど、ごましおちゃんがいないと思うと泣けてきちゃうけど、画像を見てわき上がるのは悲しみより「なんて可愛いんだろう!」と感嘆する気持ちです。誰よりも何よりも可愛い!きれい!すばらしい!最高! だってごましおちゃんはスペシャルな猫だから。

111123_2お骨の一部を霊園に収めたのでこれからできるだけ毎週お参りに行くつもりです。
2年間、悲しみをちょっとずつ先送りしてすごそうと思います。2年経っても壊れた世界は元に戻らないけど、地獄に堕ちたわけじゃない。ごましおちゃんがいた世界がパラダイスだっただけ。ごましおちゃんのいない世界がほんとうはふつうの世界なんですよね。

ごましおちゃんの災難 その2

ヤバイ、もう少しで9月が終わっちゃう~。またまた長いインターバル…。bearing 
なんかいろいろややこしくて、うまく説明できないものだから、つい先延ばしにしてしまいました。とにかく続けなくちゃ。sweat01

Dvc00221_2 さて、いったんようすを見ましょう、となったところで震災があり、原発の爆発があり、早く収束してくれと祈りながら、計画停電が来るか来るかとはらはらする日々が間に入りました。

←計画停電に備えてガスファンヒーターの代わりに捨てそびれていたガスストーブが再出動。恩恵にあずかるサンタ。

計画停電といいながら、我が家の地域は複数のグループに名前があって、両方に入るのか同じ町内でも二つに分かれるのかわからなくて、いっそ停電してくれるとはっきりするのに、なんて思ったりしましたが、我が家の地域は結局停電がありませんでした。
Img_5114 ろうそくや電池が補充できなかったから、本当に停電になっていたら困ったと思いますが。coldsweats01

4月10日の猫たち。まだ寒かったんですよね。→

どこへ行っても薄暗くて、いつ冷蔵庫が使えなくなるかと思うと買う物に迷うし、スーパーは日に日に品薄になるし、ガソリンが手に入らないと聞くと流通がどうなるのかと、心細い日々でしたっけ。もう忘れかけていたけど書いてみたら思い出したわ。catface 忘れちゃダメでしょ。

Img_5188 そんな中、一週間後のつもりがちょっと遅れて3月19日、節電中の病院へ行って検査を受けました。

でもやっぱりカリウムが低い。3.0。ナトリウムがやや高めで160(基準参考値140~155)。肝臓の数値は落ち着いています。

←目つき悪っ!catface

そのときの(先生の)メモを見ると、「①腎→尿→カリウム消失? ②ホルモン疾患―副腎(↑) ③アルデステロン?」とあります。
Img_5690_2 後でもらった鑑別診断リストというものと照合すると、
①腎不全によってカリウムが流れ出してしまう
②副腎皮質機能亢進症
③アルドステロン過剰症
という可能性があると説明してもらったのだと思います。(思います?coldsweats01 はいはい、と答えていたけど理解してなかった。)
②の副腎皮質機能亢進症というのはクッシング症候群というやつです。

Img_5869↑5月6日のごましおちゃん
←5月22日のごましおちゃん

さしあたり、本猫のようすに異常はなかったので、ようすを見ながら、一度尿比重を測りたいですね、となったのですが、私がごましおちゃんのおしっこを採取できない。bearing どうしたらいいのやら~。

うだうだしているうちに5月半ば。
そろそろもう一度検査をした方がいいと思ったのかな~? ごましおちゃんが水を飲んだタイミングを利用してケージに入れてみました。例によってキャリーの中でお漏らしをしてくれれば、と。

Img_5713たまには立っているウララも(爆)→

 幸いそれがうまくいって、検尿成功。happy02やった!
ウロビリノーゲン 正常
タンパク質  陰性
PH      6.0 陰性 結晶:できにくい
比重 1.040
潜血     陰性
ケトン体   陰性
ビリルビン  陰性
ブドウ糖     陰性
尿中浸透圧 564(基準値 50-1300)
で、結果は問題なし。

Img_6083

←逆におっぴろげも珍しい。

クレアチニン2.2、BUN30とちょと高めでしたが、尿比重がOKなら心配するほどではないはず。で、カリウムが2.9とやっぱり低い。

一か月後の6月13日、再度血液検査。
クレアチニン 2.0、BUN 29で、まあ腎臓はOK、5月にちょっと高めだったALT(GPT)も正常に戻ったけど、カリウムは2.6と退院後の最低値に。crying

Img_6105 ナトリウムでは、バランスが崩れて低い値になってしまった場合、外から補って数値を上げてやるとそこで安定することがあるそうです。カリウムでもそれが期待できるのでは、ということで、しばらくカリウムを補ってみることにしました。

錠剤を砕いてもらった粉末をウェットフードに混ぜて与えます。少量から始めてようすを見ながら増やしていきましたが、特に苦みなどはないようで、スムーズに食べてくれました。

Img_6130 ←サンタはその後もちょこちょこハゲを作ってます。gawk

これでカリウムの数値さえ正常に戻ってくれればいいんだがなぁ、と祈るような気持ちです。

あー、また長いのでいったん切ります。

その3へ続く。(っていうか9月23日現在まだ進行形なので終わる見通しはたっておりません。あしからず。think

ごましおちゃんの災難 その1

ごぶさたしておりました。MMM、恥ずかしながら帰って参りました。coldsweats01
別にジャングルで戦っていたわけではありませんけど。

書きたいことはいろいろあったのですが、あんまり書きたくないこともいろいろあったもので。

Img_4988←3月2日のごましおちゃんのお腹。

結果がはっきりしたらご報告しましょ、と思っていたら、はっきりした結果が出ないまま、ずるずるずるずる~っと今日まで来てしまったんでございます。think

ブランクが長かっただけに長~い話になりますですよ。<(_ _)>
とりあえず暫定的な結果でいうと、ごましおもウララもサンタも元気なのでどうぞご心配なく。bleah

さてさて、本題に入りますと、それはまだ、震災前の3月の初めのことでした。ある日おみそ汁を作っていた私はだし袋を二つお鍋に落としてしまって、慌てて一つを引き上げて、乾かすつもりで小皿に載せてガス台の横に置いたままにしたんでした。

Img_4990ごましおちゃんの定位置にあたりまえのように入り込んでいるcrying 3月2日のサンタ。→

ところが翌日使おうと思ってふと見ると、ない。あれ?どこかへ動かしたっけ?と不審に思いながら、さらに翌日だったか、足下のマットに茶色の粉が少しこぼれているのに気がついたんでした。

ヤラレタ。bearing

私が見ているときには誰も流し台なんかに上がらないんだけれども、サンタが食べ残した子猫用フードを、お姉さんたちが食べないように流し台の横に上げておくと、夜中にこっそり食べに来るヒトがいるんですよねぇ。

Img_5009←こいつだ!

サンタの餌を狙って流し台の上にあがったときにだし袋を見つけちゃったんでしょう。sad
私の失敗です。

それだけならしょうがないな、と思うだけなんですが、どうもそのあたりからごましおちゃんに元気がない。ご飯もちゃんと食べていないみたいな?
探してみても残骸は粉しかなかったし、袋の繊維で胃腸に傷が付いたなんてことがあるかもしれない。sad
だんだん心配になってきて、ちょっと早めだけど健康診断につれていくことにしました。

Img_50033月4日病院の待合室で緊張するごましおちゃん。→

検査の結果、やや黄疸が出ている(総ビリルビン0.3)、白血球やや増、血糖やや高値ということで、異物食を想定して、皮下補液で抗生剤と胃薬、ビタミン剤、消炎剤を入れていったん帰宅しました。
そのときに、念のため、電解質も調べてみましょうということになったんじゃなかたかな?(半年近く前のことなのですでに記憶があいまいgawk

Img_5004←いったん帰宅して落ち着くごましおちゃん。この後5日も入院することになろうとは…。

ところが帰宅してほっとしていたら病院から電話がかかってきて、カリウムの数値が異常なのですぐに点滴をしましょう、これから車で迎えに行きます、というんです。

こちらはそんなに深刻に受け止めていなかったので「???」でしたが、とにかくごましおちゃんを再びキャリーに入れてお預け。wobbly

Img_6375だいたい、猫がだし袋食べて具合が悪くなるのか?? そこがいまひとつぴんとこなかった。
だって、実は同じだし袋を外猫時代のエカとごましおに食べさせていたんですから。おみそ汁のだしを取った後、袋を破って中のだしがらをやってました。(ケチ)
あんまり喜ばなかったけど。catface

夕方、だしパックの現物を持ってごましおの状態を聞きにいきました。改めて袋を見てみると「紙ですね」と言われたとおり、もし食べたとしても具合が悪くなるとも思えません。触診でも詰まっているようすはないそうです。

Img_6378パッケージを確認すると、だし汁を作ったときの栄養表示しかありません。(それでもナトリウム23mg)以前与えていたのは塩分などを搾り取った後のものだったわけで、だしを取る前のだしパックはやっぱり有害なのでしょう。人間ならお醤油をごくごくっと飲んじゃったようなものかしら。

問題だったのはカリウムの数値。平常値が4.0~5.0のところ、2.3しかありませんでした。(ナトリウム、クロールは基準値内。)

Img_5010翌日一日カリウム入りの点滴を続け、6日に再度検査をしたところ、AST(GOT)が急上昇(132)。
でもそれはむしろ代謝が進んだためだったようで、8日には平常値(32)に戻りました。

なのに点滴で補っているカリウムが6日3.3、8日3.0と基準値に届きません。

先生はFIPを心配されたようでレントゲンも撮りました。コロナ・蛋白分画検査というのもやったし、SAAっていうのも(どういう説明をされたか忘れましたが、アミラーゼも高めで膵炎も疑ったから、そちらの検査だったかも?)やりました。
Img_5022でも、どちらもこれという結果は出ず。(コロナ800倍。白と断定はできないけどせいぜいグレー。)

ごましおちゃんばっかりじゃ飽きるからウララも出しておこう。

それでもとりあえず食欲が戻り、入院のストレスが心配なので、8日にはいったん退院して経過を観察することに。

血液検査はわりと頻繁にやってきた方だと思いますけど、カリウムなんて調べたことがありません。今回の異物食とは関係なく、もともと低めだった可能性もなくはないわけです。

Img_5020ああ、それにしても、だし袋がこんな危険物だったとは。ごましおちゃん、避妊手術のときでさえ、私が立ち会って日帰りだったからひとりで外泊なんてしたことないのに、突然5日間も入院しちゃいました。
不憫で涙が出る。crying
いや、ごましおちゃんがかわいそうというより自分が寂しくてたまりませんでした。もう入院なんかしちゃ嫌!と思ったことでした。

で、これだけ大騒ぎしたのに結局何だったのかはよくわからないまま。だし袋食べて気分が悪くなったのは間違いないと思うけど、放っておいても時間をかければ回復したのかも?という疑念もちょっとあります。

Img_5008でも、点滴なしだったら回復するまでに腎臓や肝臓を痛めたかもしれませんね。

カリウムが低いのは別の問題じゃないのかな? それともやっぱり異物食が引き金になったのでしょうか。

そこらへん、わかりません。despair

ごましおちゃん、まあいつもと変わりない生活態度という意味では元気なんだけれども、なんとなく違和感があるんですよね。

で、その2へ続きます。

にゃんマクラ

今年も知らないうちにcoldsweats01 銀座プランタンで猫展をやってました。
この頃は規模も小さくなってきて、そんなに魅力を感じなくなっていたんですが、みかりんさんのブログで猫ちゃんがおもちゃに大コーフンしている動画を見て、このおもちゃをごましおちゃんにも買ってあげなくちゃ!と思い立って出かけました。

可愛いマクラでしょ?happy01heart04

ごましおちゃん大コーフン…とまでは行きませんでしたが、とりあえず大いに喜んではくれたようです。

Img_5850 キャットバルーンさんの「にゃんマクラ」です。両端にキャットニップが入っています。触るとわかります。

でもごましおちゃんはキャットニップでもマタタビでもぺろぺろ舐めるばかりで恍惚とまではいかないんですよね。コーフンして噛みつくことはあるんですが。

反応がマイルドなのも加齢のせい?catface

そうは思いたくない。

Img_5870 さて、猫展ではもう一つ、自分用に買いました。→
「肉球ぷにゅぷにゅ」というものらしいです。bleah
製造元が「肉球愛好会」。さいたまスーパーアリーナで売ってるお土産品のようです。(通販もできます。)

Img_5873 真ん中の大きなくぼみに求肥を入れて食べるようにと説明書きんにありましたので、そのようにして食べてみました。

食感はワッフルのよう。中にあんが入っています。4個セットで一つ一つ味が違い、小豆、白インゲン、ブルーベリーが定番で、もう一つは日替わり。
Img_5875 私が買ったものはシナモンアップル味が入っていました。わざわざ求肥を詰めるのもそれなりに意味があるようです。あった方が美味しいですね。
土台がワッフルのような風味なので小豆よりシナモンアップルやブルーベリーの方が合っているように思いました。
気軽に買えるものならまた食べたい気がします。

話は戻って、猫展で買い物をした後、気になっていたのにまだ行ってなかった八重洲の福島物産ショップ(福島県八重洲観光交流館)。

Img_5871 またまたmoomamaさんのブログでちらっと目にした「さるなしドリンク」が飲んでみたくなっていたので買ってきました。

私にはさるなしドリンクと砂糖なしの甘酒。Aさんには福島産の日本酒「風が吹く」。
さるなしドリンクはほんのり渋みがあって、ユニークなお味。甘酒はさっぱりした甘みでさらっと飲めます。
Aさんによると、日本酒も当然美味しかったそうです。(私も美味しいと思ったけど、飲めないヤツが「美味しい」と言っても説得力ないですからね。coldsweats01

福島県八重洲観光交流館はわりと便利なところにあります。東京駅近辺に用があったら是非お立ち寄りください。

11月の健康診断(ごましおちゃん)

タイミングを失って今頃アップしてますが、11月のはじめにごましおちゃんの健康診断に行ってきました。
今回は検査機関がキャンペーンをしていて料金が割安になっているというので、外部検査機関での検査です。

     '10 11/4  7/20   3/02   '09 2/16  '08 2/1         

Cre     1.7    2.0     1.9    1.8    ―          

BUN     20     24      21    19    17      

TP      7.8    7.8      7.4    8.0      7.8  

T-Cho    139      179   133   155    138   

血糖値    157    128   141    109    112  

ヘマトクリット   ―    44.3    45.0    42.9    45.7

カルシウム   9.8    10.6   11.3   ―    ―

リン     4     ―     3.9    ―    ―

やったー! 右肩上がりだったクレアチニンの数値が下がってる! 

Img_2919 実は、前回の数値がショックだったので、1ヶ月くらい前からごましおちゃんには腎ケアしか食べさせないようにしていました。効果があったみたい。happy02heart04

検査機器が違うと思うので単純に比較はできないけど、嬉しーっ♪

Img_2928 ごましおちゃん、おりこうっ!

血糖値が高くなっているものの、これは採血時の興奮が影響したものと思われます。そのへんをきちんと把握するために、今度からは待合室で待った時間もメモしておいた方がよいですね。

Img_3198 甲状腺機能の指標となるT4の検査もキャンペーンの対象。
ごましおちゃんもシニアなので異状がないところでの数値を調べてもらいました。
参考値 0.6-3.9のところ、2.6。
いい感じです。

ところが、帰宅して記録を読み直していたら…
Img_3770 センセー、てば~。(看護師さんかもしれないけど。)
「○○お」って確かに男性名みたいですけどね。
ごましおちゃんはシニアとはいえレディーですのよ~。

人間の健康診断なら男女で基準値が違いますが、猫の場合はそれはないんでしょうね? たいてい避妊・去勢しているわけだし。despair

一応、今度確認しておかなくちゃ。
それはともかく、クレアチニンの数値が下がっていて満足でした。

中間報告

以前ご紹介したオーラルスプレーLEBAⅢですが、買ってきた翌日から、ダメダメ飼い主なりに頑張って一日一回スプレーを続けております。
Img_3661
か、可愛い~。happy02heart04 (言ったもん勝ち、ってことで。bleah

Img_3503 スプレーすると、冷たい霧がシャッとくるので、ごましおちゃんびっくりして逃げていきます。でも、痛くはないからなのか、こっちが近づくだけで逃走するということはありません。

スプレーを始めてから一週間くらいで、嫌~な臭いはなくなってきました。happy01shine

Img_3504 いや、問題は口臭じゃなくて(ごまちゃんのお口なら少々臭くたって平気だもーん、と一応強がっておく)、歯石を除去できるのかどうかなのですが、口を触ると嫌がるのでスプレーするとき以外、中を見る度胸がありません。coldsweats01

Img_3505 歯石が取れているかどうかは、次の健康診断で病院へ行ったときに先生に見てもらおうかと…。catface(他力本願。)

とりあえず、口臭がなくなったということはそれなりの効果はあると思われます。Img_3511 ただ、スプレーされると口が気持ち悪いらしくて、くちゃくちゃやった後、水を飲みに行っちゃうんですよね。

注意書きに「唾液とまじりあうことによって、ブラッシング後と同じ状態を維持しますので、スプレー後はなるべく長く食事をしないとより一層効果的です。」とあります。水を飲んでしまうと効果が薄れるんじゃないかな~? 

Img_3513 それに、「歯がきれいになるまで1日2回使用してください。歯の健康の場合には1日1回が目安です。」ともあって、ダメダメ飼い主、やっぱりダメじゃん。規定の回数できてないんでした。bearing(だって、嫌われたくないんだもーん。)

液は特に臭いもなく、成分はローズ、ミントなどのハーブとあります。Img_3501

歯石が気になる猫さんなら、あまり大きくなる前に試してもいいんじゃないかと思いますよ。

以上中間報告でした。

おまけの動画二題。(右目の上にまた…orzshock なんですけど。)

プランタン銀座の猫展で調達してきたおもちゃをとっても気に入ってくれました。

このくらい喜んでくれると買ってきたかいがあるというものです。

いただきました~♪

zigzagさんのブログ「ジグベェのしっぽ」で夏休み特別大企画が催されたのは8月のことでした。
解答に迷ってウッカリ遅刻した私ですが、心の広いzigzagさんに拾っていただいたんでした。

参加できただけでもラッキーだったのに、正答者が出なかったため、抽選にもつれこみ、タロウくんの活躍のおかげで、なんと私が当選いたしました! タロウくんありがとう!happy01heart04

そして、日曜日、朝から出かけ、帰ってきたら不在配達票が。荷物は香港からです。

あれだ! 
Img_3243
かなり大きな包み。住所氏名はくろねこさん・しろねこさんに隠してもらいました。

前々日にメールでおしらせをいただいていましたが、こんなに早く届くなんて。香港って国内とかわりませんねえ。
企画の当選者はzigzagさんにネコぬいを作ってもらえることになっていたのです。
ネコぬいとは何か? ↓これなのよ~♪
Img_3245_3
モデルはごましおちゃん。happy01heart04エヘヘ。
Img_3246
お腹側にはおへそ(?)もついてます。
Img_3249
しっぽも可愛いでしょ。
Img_3250
肉球がスウェードで触り心地もいいのです。(*^_^*)
せっかくなので寝ていたごましおちゃんを起こして記念撮影をしてみました。


Img_3253

ごましおちゃん、寝起きでちょっと不機嫌そう?

Img_3275 でも、ねこぬい、いいでしょう?

世の中広しといえど、こんなの持ってる猫、めったにいないのよ?

背中に名前を入れてもらっちゃって、嬉しいじゃない?shine

Img_3276 ファスナーの持ち手がカギの形なのもしゃれてるぅ~。good

前足の指もちゃーんと縫い目で区切ってあるんです。
ほんとうの足みたい。で、肉球をすりすりするとリアルな感触があります。lovely

隅から隅までとっても丁寧に縫ってあるんです。

ねこぬいの背中のポケットにzigzagさんからのメッセージが入っていました。

Img_3256

イイチャンちゃんのカードとシールがキュート♪

zigzagさん、ありがとうございました。大切にしますね。happy02sun

より以前の記事一覧