飲食店・飲食業専門の税理士
無料ブログはココログ

趣味

おもいっきり自慢してみる(^o^)v

140115no2_2 これ、何だかおわかりでしょうか。
といきなり言われても困るかな。coldsweats01

品目でいうと、お茶のお点前をするときに使う帛紗です。棗(茶器)や茶杓をきよめるのに使います。

そしてこれ、既製品じゃないんですよ!
見て見て! この絵に見覚えはございませんかしら~。happy01

あ、絵じゃなくて、この猫という意味です。

Img_0804_2 こんなヤツ。wink →
そうです。くまおですよ、くまお。happy01heart04
いなくなってからまだ1年経っていません。
去年の今頃は、と思うと、やせ細って目もうつろな姿がよみがえってきて胸が痛みます。

もっと元気なときの姿を思い出してやりたいのに。

で、この帛紗なんですが、加賀友禅をお仕事にしていらっしゃる足袋ネコさんにお願いして作っていただきました。

Img_4371 生地が柔らかいので(紬)包み帛紗(ふつうは薄茶の点前に使う棗を濃茶用の茶器として用いる点前)にも使えそうです。

←撮影がへたで色がうまく出ていませんが、色名で言うと深緋色(こきひいろ)。三度も色をかけてあるんです。

お花はユキヤナギ。
足袋猫さんはまだころんとした体型をしていた頃のくまおの姿を描いてくださいました。

デザインも二通り考えてくださって、どちらも魅力的だったので捨てがたく、もう一つの意匠は小風呂敷に仕立てていただきました。

140115no1 こちらの色は金茶色です。光沢があって、ほんとうにすてきな仕上がり。

キャベツやレタスを食いちぎってはウーウーうなりながらまき散らしていたくまおがお花と戯れている図なんて美化しすぎ?(^_^;)

まあ、くまおだって天国に行ったら少しは穏やかになってるでしょう。…かな? いや、なっていて欲しい! これは願望の図ってことで。coldsweats01

えー、それで、もしも東京近辺で平日にお茶を点てたり飲んだりしながら猫話に花を咲かせてもいいな、と思う方があったら声をかけてくださいませ。
実物をお見せしますわ。
(お茶箱でよかったら出張も可。)

足袋ネコさん、ありがとうございました。大事に大事に使わせていただきますね。

お芝居観ませんか?

今回は宣伝です。

ちょっとした知り合いが小劇場系というんでしょうか、双数姉妹という劇団にいまして俳優をやっています。7月末から8月初めにその劇団のお芝居があるのでご紹介したいと思います。

サナギネ―幼年期の終わりに―

作・演出:小池竹見

08年7月30日(水)~8月3日(日)

青山円形劇場

何年か前に初演した作品の再演だそうです。私はその公演は知らないのですが、舞台の紹介を読んだだけでも面白そうなんですよ。

詳しくは双数姉妹のHPでどうぞ。

6月14日(土)前売券発売開始です。

(この記事はしばらくしたら消します。)