飲食店・飲食業専門の税理士
無料ブログはココログ

ペット

初天神の後で

亀戸天神の前からは上野公園へ行くバスが出ています。上野へ行きたいなら亀戸駅まで戻って電車に乗ればいいんですけど、ていうか上野へ行きたいわけじゃなくて、最終的には秋葉原へ行く予定だったんですけど、夫が乗り物好きで、乗ったことのない経路を見つけるとすぐ試したくなる人なんですね。

Img_1349

←バス停の前のガードレールにも鷽が。

バス停で時刻表を見たら5、6分で来ることになっていました。私も長時間待つんじゃなければ(亀戸駅発なのでそれほど遅れないはず)旅行気分でバスに乗るのも嫌いじゃないかな? 

Img_1353 なーんてね、ほんとは谷中へ寄ろうと言われて釣られました。bleah 

時間が遅くなっていて、ねんねこ家が何時まで営業しているのかもわからなかったのですが、何とか間に合いました。

Img_1356ねんねこ家が見えたと思ったら、すすっと動く白い影が…。(これも夫が気がついたんですけどね。)慌ててカメラを取りだしたものの、フラッシュをオフにしたりしていたら、あーん、間に合わなーい! 白い影はささっと走り去ってしまいました。

追いかけてようやく撮れたのがこれです。Img_1357

フラッシュがオフになってないぢゃん!sad

Img_1359座った席はこの前に来たときと同じです。右端にある人形と写真でわかりますね。白い三毛猫さんは千代子さんでした。

猫店員さんについて、詳しくは、ねんねこ家HPの店主挨拶でどうぞ。

今回は特に冷え込んだ日だったおかげか、ちょっとだけミチコさんにも会えました。Img_1358_2

残念、下半身しか写ってなかった~。

Img_1360_2お腹が空いていたので、頼んだのはニャンカレーです。

リンゴの皮のお髭がこの前よりピンとしている気がします。

Img_1363 「食べる前に模様を描いてもいいですよ」なんてアドヴァイスされたのでやってみました。

が、巧くできませ~ん。shock

そこに猫さんがやって来ました。

Img_1364 サンキチ君だっけ?

遠慮がちに触ったりなんかしていると、あれあれあれ?

オホホホホホ。heart04こんなご接待をしていただけるなんて光栄ですわ~。猫さんはサンキチ君ではなく、ミチコさんの息子のチョビ君でした。首輪の下を掻いてあげたら目を細めていましたよ。お客に囲まれながらこんなに寛げるなんて大物。体も大きいです。

Img_1369←サンキチ君にも会えました。合計四匹も見られるなんてラッキー!notes

お土産にフリースの膝掛けを買って帰りました。

再びバスで上野へ。もうまっ暗ですが、秋葉原では店舗を確認したかっただけらしいので問題ありません。

充実した一日でありました。

放映を見逃した方に

1月18日、テレビ朝日の『素敵な宇宙船地球号』という枠で『人情下町ノラ猫事件簿』という番組がノラ猫問題を取り上げていました。『素敵な宇宙船地球号』はどちらかというと地味なテーマを掘り下げててねいに紹介してくれる良心的な番組だと思います。(時間帯のせいで見逃してしまうことが多いんですが。)

どちらかというと辛い内容が勝っていましたが、猫好きなら、ボス猫にGPSを着けて活動範囲を調べるくだりや置き去りにされた猫が元の飼い主と再会するくだりは見逃せません。

でも、感動の再会は猫さんの幸せにはつながりませんでした。あえて厳しいことを言うと、元の飼い主さん、可愛いと思う気持ちがあるのなら、置き去りにする前に、新しい飼い主さんを見つけてあげるべきだったと思います。(猫を捨てる行為は犯罪です。)

長年餌をもらって暮らしてきた飼い猫が捨てられたらどうなるか。ボランティアさんが見つけてくれなかったら、とっくに死んでいます。テレビで紹介されて、高齢のタロウくんに救いの手が現れるのを祈ります。

猫を守ろうとする人たちに心を寄せつつ、猫を疎ましく思う人の立場もないがしろにしない番組の姿勢に好感が持てました。GPSを使った調査など、手間の掛かる取材を地道に重ねていることがわかります。「ペットブームの影で」(今回はvol.5)というタイトルで継続的な取材・紹介をしているようなので、これからも注目していきたいと思います。

悲しい季節

YouTubeにアップされた「えきねこ」が話題になっています。広島県の玖村という駅の自動改札機に朝晩猫が乗っているようすが紹介されていて、それが微笑ましいというので東京からもマスコミが取材に来るほどだとか。

取材した番組の一つを見ましたが、改札機に乗る二匹の猫のうち一匹は最近捨てられた猫で、なんと子猫を生んでいたんだそうです。そういう季節なんですね。

その猫を捨てた元飼い主は、避妊手術を怠って飼い猫を捨て、野良猫を一気に4、5匹に増やしたわけです。玖村駅周辺の猫たちは地域猫のような扱いを受けているようですけど、他人の善意をあてにして飼い猫を捨てるなんて、許せませんね。

飼い猫を捨てるのは犯罪です!bomb

080523_1_2 

↑捨てられていた猫くまお

数日前にくまおの薬を買いに行ったら、行きつけの病院でみゃーみゃー鳴いている子猫がいました。きれいな三毛ちゃんで、病院で新しく飼うことになったそうです。でも、生後一か月になっているかどうかで、もらってくるにはちょっと小さいのでは?とお訊きしたら、捨てられていた(四匹のうちの一匹)んだそうです。母猫はそばにおらず、お散歩中のワンちゃんにすりよってきたとか。

そんな警戒心のない子猫、まず間違いなく飼い猫の子でしょう。親猫に避妊手術もせず、生まれた子を捨てて、たまたま拾ってもらって助かったからいいようなものの、カラスも狙っていたと聞きました。捨てた人は自分の手を汚さずに子猫を殺そうとしたわけです。

飼い猫を捨てるのはれっきとした犯罪です!punch 

080509 ↑野良猫の子どもだったごましおちゃん

そして昨日、私がよくおじゃましている掲示板に、子猫の里親募集のお知らせがありました。マンションのゴミ捨て場に捨てられていたそうです。去年も同じようなところに捨て猫があって、血縁の可能性が高いのでは、ということでした。

他人に里親探しの苦労を押しつけて、自分は口を拭って知らんぷり。それで平気な人がいるんですね。一回避妊手術をすればすむことなのに。

世の中には子猫を生ませてしまって、生まれた子猫の方が可愛いからと親猫を捨ててしまう人もいるそうです。そんな奴は地獄へ堕ちろ!と思います。

飼い猫を捨てるのは完璧に間違いなく犯罪です!annoy

人間の世で裁かれなくても、お釈迦様が裁いてくださると信じます。

080506b ↑野良猫をやってる間に妊娠して子猫を生んじゃったウララ。捨て猫か捨て猫の子か捨て猫の孫。

で、里親募集中の子猫ちゃんの写真はこちらです。

080523 六匹のうち一匹は死亡。二匹はもらい手が見つかって、あと三匹います。可愛いです。

詳しい内容は東京都文京区の山本動物病院HPの10.里親募集をご覧下さい。

追記:↑の子猫三匹はもらい手が見つかったそうです。でも、捨て猫が絶えることはありません。sweat02悲しいことです。

投薬終了(くまお)

5月8日から合計9日分処方された抗生剤がなくなりました。毎回全量投薬できたわけではありませんが、一日二回のうち一回は確実に全量口に入れるようにしました。

一時ほど痛くはなさそうで、寝起きなど、お腹が空いてるときには、腎臓サポート・スペシャルをまあまあ食べてくれます。が、二度三度と出されると食べたくなくなるようで、そうなると、花かつおや煮干しを砕いて振りかけたり、シーバを二、三粒混ぜたりして何とか食べさせなくてはなりません。でも、繰り返していると、向こうも知恵が付いてきて、花かつおや煮干しの粉だけ拾ってしまうんですね。

↓4月末、かなり口に痛みがあったようすのくまお

昨日はフォルテコールを砕いて混ぜたモンプチをお湯でのばして出してみたら、口を付けませんでした。weep 食べようとしたら痛かったと記憶してしまったのかな。

ああ、またウェットがだめになっちゃったのか~、薬をのませるのが大変だ~、と憂鬱になっちゃいました。それでも、往生際悪く、そろそろ最初に痛かったことは忘れているかも、と、お湯でのばすのをやめて、少しほぐすだけにしてみたところ、くまおさん、すんなり食べるじゃありませんか。スプーン一杯くらいをぺろっと食べたので、次にはフォルテコールを混ぜてみました。大丈夫! 完食です。

↓ドライフードに食欲を見せるくまお

ドライを食べる際に、考え考え、という感じなのがまだちょっと気になるところ。食が進まないのは痛みがあるせいなのか、花かつおや煮干しでフレイバーを着けたりモンプチを出したりしているから、ただのドライフードでは不満になっちゃうのか、見分けがつかないのが困ります。わがままを言ってるだけなら嗜好性の強いものは減らしたいし~。gawk

投薬用に買ったモンプチはたまたま総合栄養食だったので、喜んで食べてくれるなら、これでもいいんですが、そのうちに飽きるんじゃないかな。

080517_002

なにはともあれ、今日、夜になって、体重を測ったら、4.1キロありました! なーんだ、心配することないじゃん。catface

誤差の範囲内ではありますが、4キロ台に乗っていてくれればじゅうぶんです。まあ、もう少し油断せずに見守りたいと思います。

薬が効いた!…たぶん。

自信なさげなタイトルになっちゃいました。

080512_2

ご心配をいただいております。くまお、抗生剤を飲ませてすぐ改善の兆しが見えました。

朝、こちらがまだうつらうつらしているとき、枕元で、ゲッポゲッポというような音がしました。知らないと、吐こうとしているのかとびっくりしちゃいますが、これはくまおがグルーミングする音なんです。

フードを食べにくそうにしていたときも身繕いはしていました。でも、口の痛みがあるときはこんなに大きな音はさせていなかったはず。具合がよくなってきたのかな?と思いました。

そして餌の食べ方が、慎重にではあるものの、考え込んでやめる、というこ とはなくなり、量も食べられるようになってきて、背骨のゴツゴツした感じがなくなってきたような気が…。

体重を測ったら、4.1キロになってる!

080509

外出から帰ると玄関まで迎えに(餌を請求しに)来るし、朝、夫が窓を開けると窓枠に上がって外猫を監視する日課も戻りました。

が、喜んでいたら、一日か二日で、またちょっと食べっぷりが悪くなってきて、ウェットは途中で食べるのをやめてしまうようになりました。

ウララやごましおとヒーターを取り合って負けてるし…。

080514

↑餌を食べに行っている間にウララにヒーターを奪われたくまお。写真が撮れませんでしたが、いつもはおとなしいウララが、このときはポカポカ音が出るほどくまおを激しく殴り、くまおに同じように殴られてもどきません。結局くまおが退散しました。

080514a

これは相手がごましおちゃん。このときもくまおが負けました。ごましおちゃん、てんで弱いのに、寒いときにはヒーターに固執します。

↓画面が揺れてて見にくいです。ごめんなさい。sad

今日は朝からゲポッと吐いた液体が黄色い! まずっ! 病院?!と焦りながら、最初に吐いたところをよく見たら毛玉です。調子がよくなって盛んにグルーミングをしたせいで毛玉がたまっちゃったんでしょう。(飼い主がブラッシングしてやれよ!ということですね。sad

量は少ないながら、花かつおを振りかければドライをゆっくり食べるので緊急性はないだろうと判断しました。

そして、夜、体重を測ったら、ぎょぎょ!! 3.(・・・これ以上は書けませーん!)しかない! 100グラム単位でしか測れないので誤差の範囲とはいえ、がっかりです。全然食べないわけではないので、あんまりやりたくないけど、花かつおでだましだまし量を食べさせなくてはいけません。

↑ウララを追い出して箱に入ろうとしていたので、抱き上げて隣の箱に入れてやったら、ウーウー怒っています。このごろはそんな怒り方をしなくなっていたので、口が痛いのかと心配してしまいました。

結局、自分の思いどおりにならなかったのでムカムカしていただけのようです。怒るとけっこうしつこいんです。

調子悪いのかな~?と思っていると、何気なくカリポリ音をさせてドライフードを食べていたりするので、痛みはやわらいでいるのだと思います。右下がりになる前の、いまいちくらいの状態に戻ったということでしょうか。もう少し調子が上がって欲しいところです。

もうちょっと、がんばれ、くまお!

検査の結果

病院へ行ってきました。

080509_016_5

前の夜、缶詰を変えてみたらどうかなあ、と望みを託して新しいもの(ナチュラルバランスのオーシャンフィッシュ)を開けてみたところ、スムーズに食べました! サーモン缶がだめだったのは開けてから時間が経っていたせいかも。もっと早く試してみればよかった。

ドライフードでも何でも、新しいものを出すと、とりあえず口を付けるというくまおの意欲(意地汚さ?)のおかげかもしれません。薬を混ぜてもためらわずに食べてくれたのでconfidentホッとしました。これでシリンジ注入も遠慮なくできます。

病院へ行くのを一日延ばせば体重も少しは戻るかな(実は「いらないくまお」になってました!)とも思ったんですが、心臓も気になるし、雨になると不便なので、体重には目をつぶりましょう。 (でも、ほんのちょっと足りないだけでした。)

血液検査の結果

       5/8   1/21   10/24   7/30   6/21 基準値

BUN     48    49     51     42    36   10~30 

Cre      4.0     3.0    3.5     3.5    3.2   0.5~2.0 

MCHC  34.8   32.7   35.1   33.7   33.1  31~35   

クレアチニンの値は上がっています。bearing が、BUNは二桁を保っている(49←51←42←36)から、現状維持と考えるべきかな。次回、これ以上上がらないといいんですが…。肝臓関連の数値はまったく問題ありません。これはありがたいです。

それより、今回指摘されたのはコレステロールの値でした。

      198   ――   181   209   ――  50~150

ずっと数値が高いので、甲状腺機能亢進症の可能性があるかもしれない、と言われました。今のところは、その可能性を念頭に置いてようすを見るというだけですが。コレステロールの値は248('07 3月)をピークに下がってきていたので、私にはピンと来ません。でも、181まで下がったのが今回確かに上がっていますね。これも次回の結果待ちかな。

080509

甲状腺機能亢進症というのはかなり高齢の猫の病気だと思っていたので、ちょっと意外でした。早い例では3歳から見られるそうです。

腎不全を発症したとき、「くまおはまだ若いのに」と思い、そのままの頭でいましたが(もちろん腎不全は若い猫にもあります)、もうあれから二年が過ぎています。7歳を越えればじゅうぶんシニア。くまおは7歳ということにしているものの、8歳か9歳かもしれません。

さて、ようすを見るといっても、もともと意欲満々の猫なので、甲状腺機能亢進症の症状の一つ「急に元気になる」というのでは見わけられそうもありません。「多飲多尿」は腎不全と同じだし。うーん、「食べているのに痩せてくる」ならわかるかな~? 今のところ下痢や嘔吐はないので、そういう症状がでないか気をつけるくらいでしょうか。

080509_016_8

懸案の口の痛みには抗生剤(オーグメンチンS錠)を処方されました。あれ?注射じゃなかったっけ?と、病院の領収書の束(笑)とmixiの日記を掘り起こしてみたら、10月の末に調子が落ちたとき、抗生剤の注射をしてもらったことがあるものの、7月の末に食欲がなくなったときには、やはりオーグメンチンとプレドニゾロンを8日分処方されています。

全然覚えていませんでした~。くまおに食欲増進剤を飲ませたこともあったんだ。 wobbly人の記憶ってあてになりませんね。…って私だけかしら。coldsweats01

注射より経口の方が効果が早く出るんだそうです。確かにステロイド剤のときも、注射は持続性があるけれども、飲み薬の方が即効性があると聞きましたっけ。とにかく、痛みが治まってくれないと、せっかく旺盛な食欲が落ちてしまいます。

頑張れ、くまお!

元気はあるけど…

くまおは、相変わらず「ごはん、くれくれ」と盛んにアピールしてきます。活気もあって、人間が何か食べようとすると、当たり前のように横に侍り、かつおだしを使ったものを火に掛けると何気なく足下に現れます。

080409_1

食欲はじゅうぶんあるわけだけど、フードを皿に入れると、一口か二口ですぐに食べるのをやめてしまうんです。首をぴっぴっと振っていることもあるので、やっぱり口が痛いんでしょう。think

↑撮影は08年2月27日

口の痛みと関係があるのか、お湯で伸ばした缶詰を食べたがらなくなりました。フォルテコールを砕いて混ぜて食べさせていたので、これは困る。

缶詰の中身に問題があるのかと思ったけれど、他の猫たちは食べるので、そういうわけではなさそうです。

確実に服薬させるには、錠剤のまま口の中に放り込むしかない。gawk頭を上下から押さえつけて、ごくんと嚥下するまで喉や首筋を撫でまくります。吐き出されてしまったら、やり直し。当然ながらものすごく嫌がります。

080504

三日目には薬を取り出すときのカサカサという音がしただけで逃げるようになってしまいました。ドッグキーパー(βグルカン)とコロイダルシルバー(ハイポテンシャル)の注入まではできません。

痛みがあるときこそコロイダルシルバーなんですけど、嫌なことをした後に好きなものを食べさせてなだめることができないとなると、こちらの気分がよろしくないです。

080506b

ラクトフェリンとかサンクロンとか、口内炎に効果があるというものを検索して、ふらふらっと買いたくなっちゃう。

いや、その前に、今あるものをきちんと飲ませないと…。

080506b_3

(↑前に突き出しているのは後ろ足。)

今あるものといえば、在庫処分品で買ったゴートミルクがあったんでしたflair

試しに出してみると、一回目はけっこう飲んだものの、二回目にはもう飲みたくないらしい。前に買ったときも、結局誰も飲まなくて無駄になったのに、なんで買っちゃったんだろう、ゴートミルク。sad

そもそもドッグキーパーとコロイダルシルバーの注入もためらってるくせに、新しいサプリメントなんて考えるのがバカでした。

080506_2 

(↑これは前足。)

とはいえ、フードを一度に食べる量が少ないだけで、本猫のようすはそれほど変わっていません。こちらがすすめなくても置き餌を食べていることもあるし、体重も4.0キロはキープできています。

調子が落ちていないということは血液検査をしても特別悪い数値が出ることもないんじゃないかな?

↓こういうところを見ると、全然具合悪そうじゃないんですけどね。(撮影は4月27日)

たぶん、抗生剤の注射をしてもらえば痛みは抑えられるでしょう。そろそろ健康診断に行くタイミングなので、先生に相談です。数値が悪くなっていませんように。

ケン太君通信4月号

またまたHさんからケン太君の近況をお知らせいただきました。

ケン太君、無事去勢手術をすませたそうです。happy01

04163

それを聞いて私もほっとしました。野良猫を減らしたいという思いで里親募集をしたわけですので、今後も殖やさないようにするのが保護主の務めです。保護猫の避妊去勢を見届けてようやく責任を果たしたと言えるでしょう。

(余裕があるなら、一匹でも家のない猫を迎えて欲しいという立場から、自家繁殖には基本的に反対します。日本では年間25万~30万頭の猫が公的機関で殺処分されているそうです。恐ろしい数字ではありませんか。その上、ここには、生まれたばかりの子猫や飼い猫が捨てられ、飢えや寒さや病気や怪我で死んだものは含まれていません。

避妊や去勢がかわいそうだという人もいます。でも、交尾・繁殖をさせるのでなければ必要のないストレスを与え、病気や脱走の危険を高めるだけだと思います。猫は野生動物ではありません。家畜です。毎日餌を与え、大切に飼うつもりなら、繁殖にも人間が責任を持たなくてはなりません。)

とはいえ、病気でもないのに手術をするわけで、飼い主としてはそのタイミングに悩むところでしょう。ケン太君については、三月の半ばにこんな事件があったそうです。

例によって二階で遊んでいたのですが、ちょっと目を離したところ、ちょっと広めのクローゼットに入りました。片隅に未整理のビデオがケースに入っていて、その上にタオルケットなどを積んであったのですが、その上にあがってます。

「みやおん」

「あら、そこにいたの? あれー???!!!」なんか尻尾があがっていて様子が変? ああ、濡れているぅ!!! もしかしてこれが噂のマーキング?

ビデオには影響はなかったのですが、タオルケットにも壁にも床にも黄色い液体が・・・・。

こうなると迷ってもいられませんね。踏ん切りがついてよかったのかもしれません。手術がすんでからは、マーキングらしきものはないとのことです。助かりました。

0416

手術が終わって迎えに行ったところ、病院で「これが取ったものです」と見せられました。ヒョエー (゜_゜) まさか見せてくれるなんて思ってなかったのでビックリ。それは白くてきれいな銀杏が二つありました。あまりに驚いたので思いつかなかったのですが、写真を撮ればよかったなあと後で思いました。

wobblyそんなもの見せられても困っちゃいますね~。手術が間違いなく行われた証拠ということでしょうか。

手術の前後にはこんなこともあったそうです。トイレの後のようすがおかしかったんです。

ん? 何かあったの? と見ると少しトイレの外にポチ、ポチっとあります。「ケンちゃん、どうしたの。こぼしちゃったから怒られると思ったの」と玄関に見に行くとなんかおびえた様子でおどおどしてます。

近寄ろうとするとまた走り出してリビングの本棚の上にあがります。何か変だなあ? 「なあに、どうしたの? んん? 」
後ろ足にひもみたいなものがからまってます。抱き上げて見るとどうやらそれはお尻からでているようです。
「あれー? 」
ひもは20cm程もあります。抱き上げて引っ張ってみようとしたのですが、痛いのかみゃあと言って逃げました。

Hさんはあれこれ考えて、鋏で切ろうとしたんですが、

どうやら自分でお尻をぺろぺろしている様子。「そうだよ、自分で取るんだよ。がんばれ。」と応援しながら様子を見てたらすぐに抜けたようです。そっと引っ張ってとりのぞきました。ふうー。一件落着。本人はしばらくカーテンに隠れていました。

何でもなくてよかったですね。紐が長いと腸を傷つけてしまうこともあるそうですから。それから同じようなことが何度かあったものの、ほとんどは猫草だったようです。

04162

そして、手術が終わって元気なケン太君に戻ったところで、こんな出来事も――。

夜中じゅう騒ぐわけではないですが、私が布団に入ってからもドタドタしている時はさすがにうるさいので「もう寝なさい」と怒ります。キラキラボールがすぐに冷蔵庫の下やゴミ箱のペダルの下に入るので、よくそういうところをカシカシカタカタやっています。

先日、私が眠ってからカタカタ音がするので、「こら! 何やってるの」と飛び起きてしまいました。と、主人が「電気がついていたから消そうとおもったんだけど・・・。」

見るとケン太は布団の上。主人が電気を消そうとスイッチをパチッとやったら違うスイッチだったようで、「あれ、こっちか、こっちか」とわからなくなってカタカタやっていたそうです。

「ケン太、お父ちゃん怒られちゃったよ~」と主人がしばしいじけてました。(^_^;)

一瞬沈黙して顔を見合わせたHさんご夫妻のようすが思い浮かんで笑っちゃいました。これはケン太君が悪戯をしたわけではないんですが。間接的にはそうなのかな~? ケン太君がいることで家庭が明るくなっているのは間違いなさそうです。

ケン太君、体重が4.5キロを超えたんですって。その体重でドタドタ遊ばれたら安眠できませんよね。今、ごましおとくまおは4.0キロです。ウララがケン太君と同じくらい。大きくなったものですね~。まだ一歳前(たぶん八月半ば生まれ)ですから、もっと大きくなるんじゃないかな。

04182

頭の中はまだ子猫だと思いますが、一人(猫?)前の顔になってきました。

愛情とご飯をいっぱいもらって幸せいっぱいです。私があげられなかったものをたっぷり与えてくださって、Hさん、本当にありがとうございます。

また可愛い写真を送ってくださいね~。happy01

ごましお・ウララ・くまおの日常

しばらく暖かかったのに、雨が降ったり、曇ったりで空気が冷んやりと感じられる日が続きました。

ごましおちゃん、もう私と布団に用はないと言わんばかりの冷たさだったのに、気温が下がれば手のひらを返したように(これは意味が反対かな)、くっついて来てくれます。

ふふ、可愛い~。

それから、ウララのふだんのようすがちょっと撮れましたので動画でアップしてみます。

私がキッチンの中に入っているところにウララが来ると、カメラを取りに行くことができないので撮影できなかったんですが、今日はえいやっと取りに行ってきました。

私が動くとウララは引っ込んじゃいます。でも、しばらく待ってるとまたそおーっと出てくるんです。

この画像だとくまおと仲良さそうに見えるかもしれませんが、実際は、くまおが「オレの方が優先だ」と主張しているところだと思います。ウララはくまおにかまわれて、嬉しい(ウララはくまおが好き)けど微妙に緊張している感じ。このときはウララの方が先にいたのでくまおが遠慮しているんです。そうでなければパンチが出てきます。

080415a そのくまおはこのように真剣な眼差しで餌が出てくるのを待ちます。

080415e 待ちます。

080415d 一途です。

でもいつもいつもシーバばかり食べさせませんよっ!bomb

ウララの近況

ウララです。

080401c あいかわらずいい写真が撮れませーん。crying

夜になるとダイニングテーブルでパソコンに向かっている私の横にすりすりっと寄ってきて、何をしてほしいんだか、ときどきはちょいちょいしてきたりするんですが、精一杯力んでるのに全然音量のない声で「ーーーっくぅーー」とか「ーーーーきっ」とか鳴いたりもするんですが、暗いところでくねくねっとされても写真は撮れません。

とっても可愛いのになー。sad

蓋をついたて状に置いてある箱ベッドがお気に入りなので昼でも光が足りなくてこんなんです。ちょっと撫でてやるとすーぐゴロゴロいっちゃって可愛いのになー。bearing

080329

ウララちゃん、長毛種が混じってるらしく、抜ける毛の量が多いんです。

先週は、夜中に突然ゴッゴッ、と吐き始め、数カ所にどろっとしたものを残してくれました。「明日は病院だ~sad」と焦りましたが、朝にはけろっとして餌を食べていたので、ようすを見ることにしました。

とりあえずティッシュをかけておいた吐き跡を確かめたら、なーんだ、毛玉でした。

吐き方がおおげさなんだもの。びっくりするよー。

毛玉だって安心していてはいけない場合もあるんでしょうけど、とにかく本猫はいつもと全然変わらず元気でした。

きちんとブラッシングをしてやらなくちゃいけませんね。

より以前の記事一覧