飲食店・飲食業専門の税理士
無料ブログはココログ

« 届きました | トップページ | 七七日 »

ケーキ

ごましおちゃんがいない毎日はイチゴ抜きのショートケーキみたい。
ううん、イチゴも生クリームも抜きのショートケーキだな。
スポンジ台だってりっぱな美味しいお菓子だけど、もうそれはショートケーキじゃない。
Img_8045

ふわふわしてて白くて甘くってちょっと酸っぱくて、見るとわくわくする特別な特別なお菓子。私は13年も毎日そんなすてきなものを食べていたんだね。
そしてもう二度と食べられない。見ることもできない。
食べ物のケーキは食べたくないと思うときもあるけど、ごましおちゃんのことはいくら見てもいくら触ってもじゅうぶんってことはなかったよ。

Img_8038_2 ごましおちゃんには触れないから、ショートケーキを買って食べてみた。
12月12日は私の誕生日だったけど、それよりごましおちゃんの初めての月命日。
これからは誕生日が来るたびに、「ごましおちゃんがいなくなってから○年と一か月なんだな」と思うんだろう。

とりあえずは毎月12日にはショートケーキを食べてやる。食べたくないときにも食べちゃうんだから!

Img_8041命日なのに例によってお尻が重いもんだからお参りに行ったのは閉園まぎわのぎっりぎり。間に合ってよかった~。お線香上げてお水を替えて、外へ出たときにはゴーンとお寺の鐘が鳴っていた。

待合室に一組、駐車場からもう一組、この日もお見送りの家族がいた。ごましおちゃんを納めたときには空いていた隣りとその隣りも埋まってるし。
私だけじゃないんだけどね。わかっているけど、だからといって悲しみがやわらぐというものでもないのよね。悲しい気持ちを抑えようとも思わない。

だってごましおちゃんはほんとうにほんとうにとっくべつな猫だったんだもの。
ごましおちゃんが好き。

« 届きました | トップページ | 七七日 »

コメント

神様って、ほんっとにバカだと思います。
こんなに可愛い、まだ13歳のごましおちゃんなのに・・。
写真に写ったごまちゃんのツンととんがったような口元、
甘えるような拗ねたようなお顔が可愛くて大好きでした。
ごましおちゃん、きれいなままで逝ってしまいましたね。
どんな逝き方をされても、愛していたからこそ
後悔せずにはいられないのだけれど・・突然すぎて辛いですね。
でも、どうかご自分を責めたりはなさいませんように。
だって、MMMさんは誰よりもごまちゃんを愛していたんだもの。

可愛い可愛いごましおちゃんと苺のショートケーキはとてもお似合いです。(;;)

ああ・・やっぱりごましおちゃんは・・・・って
こうして位牌をみると現実のことなんだと思ってしまいます。

特別な子
そうですよね。どの子も可愛いのだけど、特別な子がいますよね。
私の中でも特別な子がいます。
その子が亡くなった時は立ち直れませんでした。
もう、7年も経っているのに、いまでも特別な子ですよ。
いつも一緒に居てくれていると思うようにしています。
その子は私の宝でしたから。
今も、これからも特別な子って事はかわらないと思っています。


ケーキかぁ~そうですね。私もその子の命日にはケーキを食べようかな~イチゴっていうよりモンブランかな(笑)

>zigzagさん
コメントありがとうございます。
イイちゃんと同い年ですよね。まだそんなトシだとは思えませんよね。
猫の年齢は人間とは違うから、何があってもおかしくないと心構えはしていたつもりでしたが、まさかこんなに突然とは。weep
ただただ寂しいです。

>ムクムクさん
ムクムクさんはあれだけ大勢の子にほんとに深い深い愛情を注いでいると思いますけど、やっぱり特別な子がいるんですね。
チッチちゃんをケーキにしたら、確かにモンブランになりそう。中はふわっふわの生クリームで芯に大きな大きな栗が入っているんじゃないかしら。
やさしい味がしそうだな~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223127/53486662

この記事へのトラックバック一覧です: ケーキ:

« 届きました | トップページ | 七七日 »