飲食店・飲食業専門の税理士
無料ブログはココログ

« お出かけ(近場編5月3日) | トップページ | 5月8日にデモ »

お出かけ(近場編5月5日)

5月5日は端午の節句。そんなこともころっと忘れて、この日のお出かけは六本木の美術館。

Photo 展示物の見所を紹介するトークイベントにも参加したかったけど、時間がバッティングしていたのでそちらはあきらめて点茶席へ。

この美術館は月に2回点茶席があって、13時、14時、15時にはお点前も見られるんです。

去年一度行ったんですが、お点前には間に合わず。でも、掛け軸やお花、茶室のしつらえなどについて丁寧に説明していただきました。

Photo_2 今回のお客は7名。うちお二人は椅子席でした。

5月からは風炉の季節。お点前は長板二つ置でした。お釜は阿弥陀堂釜。水指は切子形。
画像はパクリですが、こんな感じの、肌のざらっとした感じのお釜でした。→
Photo_3 ←水指はこんな形。蓋置の画像しか見つからなかったんで。
sweat01

久々に見たので、忘れていることいろいろ。最後に帛紗を水指の上に荘っていかれたのですが、どういう意味だったか思い出せない。(まだわかりません。誰か教えて~。bleah) 

Dvc00295 お軸の言葉は「三級浪高魚化龍(三級の浪高くして魚龍と化す)」。これを見て初めて、「あ!今日は端午の節句だった」と気づいたんでした。
香合は八橋の形で銀地に燕子花が描かれたもの。三友籠(知らなかったので後で調べました。
coldsweats01)に黄菖蒲とピンクの矢車菊が入っていました。

Dvc00293_2 お菓子は赤坂塩野の御製で兜の形。これは食べる前に形を残しておきたくて、「写真を撮らせていただいてもいいですか?」と思い切って訊いちゃいました。
Dvc00294 あんまりよくなかったみたいだけど、強引に撮っちゃった。
でも、それで恥かいたのでその後、お茶碗の作者の名前が聞き取れなかったのを聞き直せませんでした。「キョウヘイサン」と言われたような気がするんだけど???後で調べてもわかりません。crying 白地でふっくらした感じだったから京焼かな~?(といってもいろいろあるよね。weep 恥を忍んで訊けばよかった。)
替茶碗は美濃焼(加藤幸兵衛)。こちらは美術館のミュージアムショップに酒気が置いてあったのでわかりました。

せっかくご亭主が「(茶碗を)ご覧になりますか?」と訊いてくださってるのに次客さんが断っちゃったんですよ。「見せて~」と思いつつ、気が引けて黙ってました。一番に入って正客を務められるようでなければ文句を言っちゃいけないのかな。bearing

展示はこの美術館の美術品収集の軌跡を要約したようなもの。美術館が赤坂にあったとき、エミール・ガレのガラス器の展覧会を見に行ったんですが、そのポスターもありました。

茶道具も一揃い。このくらいの方が少しは頭に入るからいいかも。catface

Img_5685 Aさんとは地下鉄の駅で別行動になっちゃったので(なんか機嫌を損ねてどこかへ行っちゃった)、帰りは一人。ビルの地下で虎屋を見つけて「今日限り。残りわずか」という言葉につられて柏餅を買って帰りました。
ソルビトールとか入ってない柏餅は久しぶり。おいしゅうございました。happy01

« お出かけ(近場編5月3日) | トップページ | 5月8日にデモ »

コメント

追記:お茶碗のお作はおそらく杉田祥平さん(清閑寺窯)。
『淡交』の広告で名前を見て、あっ、これだ!と思いました。
これぐらい知っていなさい、というくらいの有名どころですね。coldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223127/51609918

この記事へのトラックバック一覧です: お出かけ(近場編5月5日):

« お出かけ(近場編5月3日) | トップページ | 5月8日にデモ »