飲食店・飲食業専門の税理士
無料ブログはココログ

« ご心配をおかけして | トップページ | お花見? »

春のお出かけ 

3日(土)、お花見日和の中、ちょっとお出かけしてきました。happy01

Saraya_top_cyagirl_05まーくん、もっくんちのKatyさんとこんなイベントに行ってきたのでした。→

女性陶芸作家さん5人による創作茶道具の展示即売会です。

お目当ては会期中に催されたお茶会。お茶に関心はあるけど敷居が高いと感じている人を対象にしているということで、お客さんに「作法をしらないから…」という引け目を感じさせないお茶ってどんなものかと興味があったのです。

30_2

←点前座。お茶碗は水指とお揃いの水色。ガラスのティーポットをキャンドルで保温して使われていました。

会場はマンションの一室をギャラリーにしたところで、お茶会に使えるのはその一画にベンチとテーブルを置いただけのスペース。お客さんは一回に3人しか入れません。受付開始後10分くらいに着いたら三席目でした。

席主は江戸千家の師範Fさん。(きれいな方だな~、と思ったら、元テレビ局のアナウンサーだったと後で知りました。)32お茶会のテーマが「飛び立つ」なのだそうで、そのために用意されたお菓子がこれ。→

後ろに2センチくらいの穴が空けてあって、リンゴの羊羹を流し入れて固めたものでした。小皿に入った蔗糖にラム酒を足したものを付けていただきます。

可愛らしいし、手間がかかっているし、たぶんもう二度と出合うことのない面白いお菓子でした。まさに一期一会。

43_3←食べ終わった後の景色も楽しい。お茶碗は 別の作家さんの作品。

江戸千家は流祖が表千家で学んだ人(三千家と血縁関係はない)なので、お点前も表千家に似ているように思いました。裏千家でいう盆略手前にあたるものですが、Fさんはお盆の代わりに白木の板(半分に割れて持ち運びしやすくなっている)を考案して用いられていました。

普通のお盆はもっと小さいので、デモンストレーションで見映えをよくする工夫だと思います。お道具も映えますしね。

ただ、Katyさんも言われていたけど、卵の殻を割るのに忙しくて、お点前を見ていられませんでした~。bearingザンネン 

薄茶はすぐにお茶が出るので、本来は干菓子など一口で食べられるものを出すのがお約束。見えない方に大きな穴をあけるとかして割らなくても食べられるくらいにしておいた方がよかったんじゃないかな~?スプーンも小さい方がよかったんじゃないかな~?とちょっと思いました。

29_2お客は食べきれなければお茶を優先していただきます。が、席に入るとき、こちらは二人なので上に座るのは気が引けて、若いお嬢さんを上に座らせてしまいました。お茶を出された時点でつい飲んでしまったので、お正客より先に飲み終わる形に…。

「お茶を先に飲むんですよ」と教えてあげるべきだったのか、こちらがお茶を飲むタイミングを合わせるべきだったのか、悩む~ぅ。

ふつうのお茶会なら亭主とやりとりするのはだいたい正客のみ。正客は他の客の代表として問答します。こちらが加わっていいのか迷ってしまって、話を弾ませられず、お茶を飲み終わったら、はい、さようなら、という感じになってしまいました。shock

終了後、床の間に見立てたのかと思って↑台の上に飾ってあったお花の種類を伺ったのですが、これは会場全体のお花をコーディネートした方が用意したものでした。なんかご亭主を困らせてるし~。sweat01 

003ルールがないのは難しいものだと思いました。正客におまかせでふんふんと聞いているだけですむお茶会の方が楽かも。それもいっぱいいっぱいなのに、自由なやり方なんて私にはてんで無理!とわかりました。

失敗ばっかりだったけど、失敗から学ぶこともあるさ~。catface

さて、その後、かなり混み合っている会場の中をうろうろして、004_2うんと迷ったあげく、お皿を二枚買いました。

お菓子を載せるとこんな感じ。→

お菓子は銀座あけぼのの桜餅です。Aさんは道明寺粉を使わない桜餅は「桜餅じゃない」と言いますが、これだけは食べます。delicious

39代官山の駅へ向かう途中、表通りを一本入ったところにちょこちょこ面白そうなお店があって、その中の一軒の店先でコーギーが三匹もごろごろしていました。

←写真を撮ろうとしたらばらけてしまって二匹しかフレームに収まりませんでした。

猫雑貨のお店に引き寄せられてお買い物しちゃったり…。

でも、この後もう一箇所行くところがあったんです。

« ご心配をおかけして | トップページ | お花見? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223127/48001082

この記事へのトラックバック一覧です: 春のお出かけ :

« ご心配をおかけして | トップページ | お花見? »