飲食店・飲食業専門の税理士
無料ブログはココログ

« 梅をたずねて | トップページ | 地域猫 »

ごましおちゃんの健康診断

今日じゃなくてもいいかな~、と迷いながらも、何とか行ってきました、ごましおちゃんの健康診断とワクチン接種。

090112_4前回のワクチン接種は07年3月でした。ごましおちゃんはワクチン接種をした後、ぐったりしたり、しこりができてしまったりしたので、悩んだ末に、接種は二年~三年に一回にすることに決めました。(血液検査による健康診断は年一回以上しています。)

090112_5幸い、今の病院(フェロバックス3)に変わってからは、目立った副反応もなく(ワクチンとの相性もあるようです。)、ワクチン接種そのものは心配していません。

090112_6

あとは、病気でもないのに、ごましおちゃんを病院へ連れて行くモチベーションを高められるかどうかだけです。

だって、ごまちゃんときたら、キャリーに入れるとこうなんです。

いつものエンジェリック・ヴォイス(bleah)はどこへ行ったの?

病院へ行く途中も、着いてからも鳴きっぱなし。いい歳して、病院猫のタマちゃんや090112_7 ソロワちゃんに笑われますよ。ちょっとだけど、またお漏らししちゃったし。(恥ずかし~。)

ぐずぐずしていたので、着いたのは午後の診療開始から30分も経っていましたが、他に待っていた患畜さんはなし。少し遅れて猫さん、もうすこし後にカートに乗ったマルチーズくんが来ただけでした。今日にしてよかった。

血液検査の結果も良好でした。赤血球、白血球の数は問題なし。

090125_3総タンパク質 8.0(前回7.8)

血糖値 109(112) 

総コレステロール 155(138)

BUN 19(17)

090125_2 総ビリルビン 0.3(0.2<)

AST(GOT) 29(38)

ALT(GPT) 54(99)

クレアチニン 1.8(―)

前回(08年2月1日)高めと言われたALTも正常範囲に収まっています。ごましおちゃんはプラークさえなければ健康そのもの。そのプラークも、今度こそ治りました。…多分。090113_1 ↑1月13日のごましおちゃんのお腹

090128 ←1月28日のごましおちゃんのお腹

Img_1514 ←2月12日のごましおちゃんんのお腹

 

 

090112_2 ところが、このプラークが消えたと思ったら、左側一番下の乳首の付け根にかさぶたみたいなものができているんです。crying それも気になったから病院へ行ったのでした。

ちょっとクリームをつけておけば治るだろうということだったので安心しましたが。

いい加減にしてくださいよ、ごましおちゃん!

« 梅をたずねて | トップページ | 地域猫 »

コメント

ごましおちゃんもキャリーの中で鳴き続けるんですね~
健康診断や予防接種なんかに連れていく時「明日にしょうかな~」なんて思ってしまいますよね。
うちのシャーも「うぎゃ~」って悲鳴のような声でず~と鳴きぱなしで恥ずかしいです。おおきな体で・・・ほんと、いいかげんに慣れなさいなんて思うんですがね。
ごましおちゃんもそのようですので、安心?(笑)

病気じゃないとなかなか病院へは行きにくいですね。

>ごましおちゃんもキャリーの中で鳴き続けるんですね~
そうなんですよ。ごましおは数年前に母猫が死ぬまで、ずっと一緒にいたので依存心が強いんだと思います。
シャーちゃんも親兄弟が一緒だったんですよね。甘えん坊な子がよく鳴くのかな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223127/44086253

この記事へのトラックバック一覧です: ごましおちゃんの健康診断:

« 梅をたずねて | トップページ | 地域猫 »